VRChatで使える便利な情報を発信中!

約4,000円で買える『Oculus Quest 2』用のVR眼鏡レンズがお買い得過ぎた!

桜乃こはく

安いVR眼鏡ってあるの!?

突然ですが、VR用のメガネって結構お高くないですか?

僕は普段から”Valve INDEX”と”Oculus Quest2”の二台と使っていて、VR眼鏡の「VRsatile/ヴァーサタイル」を付け替えているのですが、使用するVRヘッドセットを変えるたびにいちいちVR眼鏡も装着し直すのがかなり面倒に感じていました。

できればVRヘッドセットにそれぞれのVR眼鏡を付けっぱなしにして、ストレス無くVRを遊びたい!

というわけで、今回はリーズブルで手軽に使えそうなVR眼鏡レンズをAmazonで発見しましたのでシェアしたいと思います!

両目で約4,000円!圧倒的な低コストで-6.00Dまで対応!

タイトルから漂う怪しい日本語が如何にも中華製と言わんばかりのこちらの商品。

レンズフレームも微妙にSwitch感があるし、なかなかの胡散臭さを醸し出していますよね…。

Amazonでは似たような製品が多数販売されていることから恐らくはOEM製品だと思うのですが、その価格がなんと片方で約2,000円と、度数付きレンズにしては恐ろしくリーズナブル!

しかも、度数は-2.00Dから-6.00Dまで0.50単位で用意されており、視力の状態に合わせて自由に組み合わせる事が可能となっています。(一段階補正するのが0.25らしいので二段階分)

両方合わせても約4,000円程度で買えちゃうってだけでもインパクトが凄いのに、度数はセミオーダー式でこの価格…。

こんなのちょっと試してみようかと思っちゃうじゃないですか…!

スポンサーリンク

外観や装着方法など

というわけで、早速購入!

外観はちょっとチープですが、ちゃんとレンズポーチや布巾など必要なものは付属されていました。

色合いは完全に○天堂 Switchですけど、まぁ問題ないでしょう!

装着方法は、まず”Quest2”のレンズ側面にある切り欠きに、フレームアタッチメントを装着します。

ちょっと硬いですが、ググッと押し込めばしっかり固定できました。

続いて、この上からマグネット式のレンズアタッチメントを装着していきます。

磁力の力によってレンズを被せるだけでぴったりと吸着してくれるので、ワンタッチで装着できるのはかなり便利ですねー!

もちろん、頭を振ってもグラグラする感じもなく一体感はばっちり!

まぁフレームinフレームなので若干浮き上がる感じが気になりますが、Quest2に付属されているメガネ用スペーサーを使えば丁度いい感じに馴染むので特に問題はありませんでした。

レンズ品質は意外といい!脱着はマグネット式でお手入れも楽々!

「片方2,000円のレンズなんて、どうせ分厚くて歪んで見えちゃうんでしょ!」

商品が到着するまではそう思っていたんですけど、これがねー。意外といいんですよ…‪。

まず、価格の割に透過率が高くてレンズの厚みも少ない。

僕は結構視力が悪いので”-4.00D”を購入しましたが、ヴァーサタイルと比較してもレンズの厚みは同等程度で遜色なく、安いレンズにありがちな『牛乳瓶の底』を付けているような野暮ったさも感じられません。

もちろん度数が高くなってくると厚みも増していくと思いますが、これはどのVR眼鏡にも言えることなので個人的には全然許容範囲です。

レンズの歪みも殆どなく、安いからと言ってひとえに粗悪品と言うわけでも無い感じですね!

実際の映像を見てみても、光がレンズに拡散される「乱反射」も起こっておらず、今回のように『ちょい使い』用途であれば特に問題なく使用できました。

ちなみに問題のSwitch風フレームですが、実際にHMDを装着すると視界に入らない&暗すぎて見えない事から使用中にフレームが気になることは全くないですね。

販売方法がセミオーダー形式ということもあり、途中で視力が変化しても片方のレンズを買い直すだけですぐにベストな視力を保つことが出来ちゃいますし、多少乱暴に扱ってもまぁ1,600円だしと割り切って使えるのも気楽に使えてかなりいい感じです!

あれ、コレはもしかしなくてもお買い得商品なのでは??

桜乃こはく

多少雑に扱っても買い直せるタイプのストレスフリーってやばない?

あとは、レンズが汚れてしまってもワンタッチで外してそのまま水洗いできちゃうのも最高でしたね。

特にVRレンズって普通に使っているだけでも、まつ毛の汚れやら皮脂やらで意外とすぐに汚れちゃうので、僕が普段から愛用している「メガネのシャンプー」がそのまま使えちゃうのは嬉しかったです…!

あ、VR関係なくメガネシャンプーは吹き掛けて洗い流すだけで皮脂汚れまでしっかり落ちるので、全人類にお勧めですよ!

メガネ族は全人類買って!

最後に注意点というか、まぁ価格を考えると当然なんですけど、こちらの格安レンズには傷防止コーティング曇り止めコーディングブルーライトカット施工などは施されていません。

それに加えて、乱視や遠視には非対応ということにも注意が必要です。

桜乃こはく

ここから下は、企業さんから商品プロモーションとして頂いたものを掲載しますね!

自分の視力に合わせた耐久性のあるレンズを作りたい場合

実は日本製のレンズでわずか3,750円で視度補正レンズを販売している『レンズ交換.com』というショップもあります。

価格は中華製レンズと同じくらい安いですが、フレームはポリカーボネートではなく金属製を採用しており、傷に強く耐久性が高いのが特徴的です!

また「乱視補正」にも対応しており、度数も通常のメガネと同様に-0.25単位で指定することができるので完全に自分の視力にあったQuest専用レンズを作成することが可能なんですよね…!

ただし、重さが片方だけで29.6gと結構重めなので重量を気にする方は要確認かもしれません。(ポリカ製は約9gです。)

通常の眼鏡のように自分の視力に合わせたレンズを作ることができますし、オプションでブルーライトカットや曇り止め等のコーティングも選べるので、オーダー製の視度補正レンズが欲しい方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに軽量なオーダー製のレンズを作りたい場合

自分の視力に合わせたレンズに各種コーティング、軽量化まで欲しいという場合には「ROOX」というVR専門のオーダー製レンズを販売しているショップもオススメです!

こちらも医療機器として正式に認定された眼鏡士のもと「乱視補正」にもしっかりと対応しており、度数も通常のメガネと同様に-0.25単位で指定することができます。

フレームはポリカーボネート製で重量も片方で8.9g超軽量なのも特徴的!

肝心のレンズも日本メーカーの高品質なものが使用されていますので歪みもほとんどなく、価格はリーズナブルな6,880円からと手が出しやすい価格設定です。

私も普段はこちらのレンズを使用しているほどオススメの製品です!

桜乃こはく

今、私が使用しているQuest2用の視度補正VRレンズも「ROOX」で作ってもらいました!かなりいい感じですよー!

「ROOX」のオーダーメイドレンズも、このレンズと同様にマグネット吸着式になっています。

それぞれの特徴を踏まえた上で、自分の用途にあったレンズ選びをしてみてくださいね!

▶こはろぐ一押しの周辺アクセサリー

SoundCore VR P10

VR専用に開発された超低遅延のワイヤレスイヤホン!

付属の無線ドングルをUSB-C端子に挿すことで、音ズレをまったく感じないレベルの低遅延で音声を聞くことができます!
PC、スマホ、Switch、PS5など様々なデバイスに対応している私の愛用品です♪

Meta Quest 3

パンケーキレンズ搭載、高画質なパススルー機能を備え持った、現状最強のスタンドアロン型ヘッドセット!
シェア数が圧倒的に多いQuest2からのアップグレードにも最適な機種となりました!

もちろん、PCと繋いでVRChat等のPC版のVRゲームも遊べます♪

スポンサーリンク