【VRChat】僕が実際に使用しているUnityの便利な拡張ツール 12選!

スポンサーリンク

こんにちは!桜乃こはくです🌸

VRChatのアバター改変において避けては通れないもの。それはUnityを使った複雑で難解なツール操作ではないでしょうか!

皆さんご存知ではないかもしれませんが、実はUnityってVRChatの改変ツールではなくて、ゲームの開発ツールなんですよー!(ナンダッテー!)

ナンテコッタ、どおりで専門用語が多くて理解できないはずだ!

まぁ、そんな大層なことを言っても大抵のぶいちゃ民にとっては関係の無い話!

とにかく手軽で、分かりやすく、快適にアバターのアップロードや改変作業をしたいですよね!

そこで今回は、僕が実際に使用しているUnityの拡張ツールや、VRCで使用できる便利なサブツールなどをご紹介したいと思います!(Unity2019対応済み)

①MeshDeleter With Texture

テクスチャを塗り塗りするだけでメッシュの不要な部分を消去してくれる、改変勢には必須のツール!

「この部分を消したいんだけどメッシュが統合されていて消せない…」なんて場面は、これ一つあれば大体解決しちゃいます!

他にも、素体が衣装に干渉して貫通しちゃう場合にも有効で、UVマップを見ながら塗り絵をする感覚で貫通する部分だけを綺麗に削除してくれます。

一応注意点としては、消したい部分を塗る際に少しでも別のUVに触れてしまうとその部分まで一緒に消えてしまうこと。

取り扱いには若干の慣れが必要にはなりますが、一度使うと手放せなくなるほど利便性の高いツールとなっています♪

Link:MeshDeleter With Texture

②Radial Inventory System

アバターに導入することで、EXメニューを使って持たせたオブジェクトを出し入れすることができる拡張ツールです!

武器や道具などの手に持つアイテムはもちろんのこと、アクセサリーや髪型の変更。衣装の切り替えにこのツールを導入している方が多いようですね!

当ブログでも、このツールを使った衣装の着せ替え方法を記事にしたところ、妙にバズって以降、このツールを使っている方が増えた気がするので、当初口コミが界隈に与える影響力の高さに震えた記憶があります(笑)

興味のある方は、是非合わせてご覧ください🌸

【VRChat】Avatar3.0 アクションメニューからワンタッチで衣装などの着せ替えを楽しむ方法!

2021.09.06

Link:Radial Inventory System

③Avatar3.0 Emulator

こちらはフレンドさんから紹介してもらったツールで、個人的にめちゃくちゃ便利だったのでご紹介します!

VRCにアバターをアップロードせずとも、Unity上でアバター3.0のExメニューの挙動や『立ち・座り・移動モーション・ハンドジェスチャー・リップシンク』等の確認ができる拡張ツールです!

アバターギミックの動作確認の為だけにVRCにアバターをアップロードするのって、地味に面倒くさいし時間をかなり浪費しちゃうんですよね…。

そんなときにこのツールが大活躍!その場で動作確認ができちゃうので大幅な時間短縮に繋がるってわけ!

また、上記でも紹介したRISを使った着せ替えギミックとの相性も良く、組み込んだその場でチェックができるので作業効率がめちゃくちゃ上がりますよー!

複雑なアバターアニメーション等、色々とやりたいと考えている方にはマストなツールです♪

Link: Avatar3.0 Emulator

④VRChat Friend Instance List

フレンドがいるインスタンスを一覧で表示できるChromeの拡張機能です!

VRC公式サイトと違うのは、Favoriteのフレンドだけを表示したり、そのフレンドがいるワールドのインスタンス人数を事前に知ることができること!

「この人に会いに行きたいけど、知らない人が沢山いたらどうしよう…」と、躊躇してしまう方はJOINする直前に心の準備ができるのでオススメですよ~!

Link: VRChat Friend Instance List

⑤ComboGestureExpressions for Avatars 3.0

Avatar3.0のハンドジェスチャーを2.0のように簡単に導入可能になるツールです!

このツールの一番の特徴は、プレビュー機能を使うことで実際に表情を見ながらハンドジェスチャーを割り当てられることで、画像を見ながら直感的に操作が可能です!

また、表情と表情をミックスして新たな表情を作ったり、まばたき干渉の防止やリップシンクの制限も各表情ごとに設定することもできます。

Link: ComboGestureExpressions for Avatars 3.0

⑥最新のインポートアイテムに色を付けるやつ

タイトルの通り、Unityの最後に取り込まれたプロジェクトに色を付けてくれる拡張ツールです。

これ、シンプルだけどめちゃくちゃ便利なんですよ!

BOOTHで買ったばかりの衣装を急いでインポートしてしまい「あれ、さっきの衣装ファイルってどこにあるんだっけ!?」なんて経験は、誰しも一度はしたことがあるはず…。

そういった場面でも色付けされていると一目瞭然!

まさに痒いところに手が届くありがた~いツールとなっています🌸

Link:最新のインポートアイテムに色を付けるやつ

⑦VRCHierarchyHighlighter

Unity2019になって、ヒエラルキーの一覧が見辛いと思ったことはありませんか?

「VRCHierarchyHighlighter 」を導入することでヒエラルキーに色を付けて視覚的に分かりやすくしてくれます!

色付け方法はリスト全体もしくは、リストの下線部かを指定することができます。

さらに、リストの右側に主要のコンポーネントのアイコンを表示する機能が完備されており、このアイコンをクリックすることで、わざわざInspectorの☑を入れずとも手軽に項目のON-OFFができる優れもの!

長時間細かいリスト欄とにらめっこする改変作業時には大活躍してくれますよー♪

なお、動作が重くなった場合はアイコンを非表示にすることで解消されます!

Link:VRCHierarchyHighlighter

⑧サムネイルを指定した画像に変更する VRCThumbnailSelector

ソーシャル欄に並ぶ味気ないTポーズとはこれでおさらば!

こちらは、アバターアップロード時のサムネイル画像を任意の画像に変更することが出来る拡張ツールです!

無料版の「VRChatThumbnailer 2020」を愛用している方も多いと思いますが、個人的にはデスクトップから直接ファイル指定、画像の自動リサイズに対応している「VRCThumbnailSelector」をオススメします!

Link:VRChatThumbnailer 2020 (サムネイル設定補助ツール)

Link:VRCThumbnailSelector

⑨激やせシェイプキー自動作成ツール DietShaper

素体が衣装に干渉して貫通しちゃうけど、メッシュを消すのには抵抗がある…!

そんな方には、メッシュの好きな場所をシェイプキーで太くしたり細くしたりできる拡張ツール「激やせシェイプキー自動作成ツール DietShaper」がオススメです!

範囲を指定することで任意の場所を細かく指定することができるので、素体に必要なシェイプキーが入っていない際にも大活躍してくれます!

着せ替え時にも余計なメッシュを入れなくてもいいので、容量削減においても大きく貢献してくれるのは嬉しいポイントですね🌸

Link:激やせシェイプキー自動作成ツール DietShaper

番外編

ここからは、Unity作業には直接関係ありませんが個人的に紹介したいツールを掲載しておきます!

VRCLens & VirtualLens2

写真好きや自撮り民の超定番ツール!

「VRChatでボケ味を活かしたプロっぽい写真を撮りたい!」というあなたには、VRCのカメラ機能を補完する拡張レンズツール「VRCLens」と「VirtualLens2」がオススメです!

Twitterでよくみるボケ感のある写真は、大体これらツールを使って撮影されています。

焦点距離を手元で変えられる「ズーム機能」に加えて、被写体深度(ボケ味)を自由に触ることができるので、シーンに応じて本格的な写真撮影ができちゃうのです🌸

その他、ドローン操作による遠隔撮影やセルフィ機能などの多彩な撮影に対応しているので、ワンランク上の写真撮影をしたい方にとっては必須の拡張ツールだと言えます!

Link:VRCLens

Link:VirtualLens2

六面図とか三面図とかを撮るやつ(CaptureScreen)

skebなどでアバター資料を作成するときに、三面図や六面図をワンタッチで撮影したいと思ったことはありませんか?

拡張ツール「Capture Screen」を使えば、アバターを指定するだけでワンタッチで六面図の撮影・画像の保存が可能になっています!

サイズもピクセル単位で指定できるので、例えば細かな装飾品などのディテールを撮影したい場合には4K・8K解像度で指定することで画像が潰れることなく表示できます。

UIも日本語で分かりやすく、初めてツールに触れる方でも直感的に操作可能なのも嬉しいポイントですよ!

ちなみに、上記のこはくの画像をクリックすると、このツールで撮影した16K解像度に飛ぶことができます。(15MBありますのでモバイルの方は注意)

Link: 六面図とか三面図とかを撮るやつ

VRChatJoinNotifier

Unityの拡張ツールではありませんが、こちらもかなり便利なので紹介しておきます!

最近、同じインスタンスにJOINした人の名前を通知してくれるワールドがありますよね?

あの機能を他のワールドでも使いたいと思ったことはありませんか?そんな夢を叶えてくれるのが通知補助ツールの「VRChatJoinNotifier」です!

このアプリを起動することで、デスクトップではWindowsの通知欄、VRではSteamVRの仮想デスクトップアプリ「XSOverlay」を通じて、誰かがワールドにJOINした際に通知音と共にオーバーレイで名前を表示してくれます。

イベント等でのインスタンス管理や、フレンドオンリーで開いていたワールドで込み入った話になってきた際など、様々な場面でのエチケットツールとして活用してみてはいかがでしょうか!

Link:[無料]VRChatジョイン通知ツール VRChatJoinNotifier

★こはくの一押しアイテム★

Oculus Quest2

PC不要で動くスタンドアロン型VR HMD

PCと繋げばSteamVRやPC版のVRChatを遊ぶこともできるよ!

他にも完全ワイヤレスでPCVRを遊べたりフルトラもできる凄いヤツ!

新モデルになって、ストレージ容量が64GB→128GBにグレードアップ!

モバイルバッテリー内蔵型ベルトセット

VIVEトラッカーを充電しながら遊べるようになる、モバイルバッテリー内蔵型ベルトセット!
12時間以上ぶっ続けでログインできます。(VR睡眠も可能)


VALVE INDEX VRヘッドセット

片目1440×1600 視野角130°  最大144Hzまで対応した高機能HMD!
『Half-life alyx』のゲームコードに加えて、公式ショップで購入すると『初音ミクVR』もプラスで付いてくるのでお得です!