【VRChat】11点トラッキング対応!VIVEトラッカーの解説やオススメの装着方法をご紹介します!

桜乃こはく

こんにちは!桜乃こはくです!

突然ですが、皆さんはフルトラってご存知ですか?

フルトラとは「フルボディ・トラッキング」の略称で、VRChatの世界ではVRヘッドセットの他に『VIVEトラッカー』を購入することで、トラッキングポイントを最大11点まで増やすことが可能になります!

VIVEトラッカーを追加できる箇所
  • 腰★
  • 右足・左足★
  • 右膝・左膝
  • 右肘・左肘

例えば、腰にVIVEトラッカーを追加するとVRの中で『お辞儀』や、腰を捻ることで『振り向きポーズ』、さらに両足を追加することでステップを踏んだり全身を使ったダンス寝転ぶこともできちゃいます。

★が付いている部分にVIVEトラッカーを追加することで、いわゆる「フルトラ状態」になることが出来るのですが、最近では両肘・両膝・胸もトラッキングポイントとして追加できるようになったので、より細かい動作をVR上で表現できるようになりました。

今回はVIVEトラッカーを使った際に何ができるようになるのか。また、各部位へのトラッカーの固定方法や、実際に私が使っているトラッカーベルトなどをご紹介していきたいと思います!

桜乃こはく

凹凸のあるあの独特な形状は、いろんな角度から赤外線センサーが阻害なく当たるように設計されてるんだってさ!

VIVEトラッカーを腰に着けると何ができるようになるの?

まず、大まかにVRCでのVIVEトラッカーの役割をおさらいしておきましょう。

通常VRヘッドセットは、頭(HMD)と両手(コントローラー)の3点だけをトラッキングします。そのため、腰から下の下半身は頭に追従するだけで自由に動かすことはできません。

ヘッドセットとコントローラーのみの場合。頭の動きに体が追従するため下半身を自由に動かすことはできません。
追加で腰にVIVEトラッカーを入れた状態。
頭と腰を別々に動かすことができるようになる為、フリフリ動作ができるようになります。

①「トラッカーベルト」を使って腰にトラッカーを装着する

VIVEトラッカーの役割については分かって頂けたと思いますが、このゴツゴツした凹凸のある物体を実際に身体に装着するのは固定方法に迷いますよね…。

腰にVIVEトラッカーを装着する方法はいろいろありますが、一般的なのは「トラッカーベルト」を使用する方法です。

この手の製品ではRebuff社のトラッカーベルトが有名ですね。

Amazonで売っている2,000円程度の中華製の安物でも使えなくはないですが、耐久性は皆無だと思ってもらったほうがいいです。私もしばらく使っていた時期がありますが、1ヶ月くらいでVIVEトラッカーを固定するネジ山の部分が根本から取れてしまいました…。

安物買いの銭失いの典型的な例だと思うので、もう少し値は張りますが信頼性の高いメーカー製のものを選ぶのがオススメです。

ちなみに、私は同社から販売されているモバイルバッテリー内蔵型のトラッカーベルト『TrackStrap+,TrackBelt+』をよく使用しています。

この製品は、腰+足トラ用のベルトとして使えるばかりか、長時間VRで使用できるようにモバイルバッテリーまで内蔵されています。

しかも、バッテリー部分が少し出っ張っているおかげでトラッキングも飛びにくく、満足度がかなり高い製品になっています!(VRCユーザーなら結構使用している人が多いベルトです。)

「トラッキングベルト」ならVIVEトラッカーをネジ穴に取り付けるだけ!

固定方法は至って簡単で、トラッキングベルトに付いてあるネジ山にトラッカーの背面にあるネジ穴にくるくると回して固定するだけ。特に工具も必要なく一瞬でセットが完了します。

専用ベルトというだけあって、飛んだり跳ねたりしても大きく位置がずれることも無く、ベストなポジションをキープしてくれます。素材も繊維質で柔らかいので、前かがみになってもお腹を圧迫されずに快適性も十分。

さすがは定番アイテムと言ったところです。

桜乃こはく

価格はちょっとお高いけど、TrackStrap+,TrackBelt+ならバッテリー内蔵で連続12時間くらい使えるからめっちゃ便利よ!

②GoPro用のチェストハーネスを使う

こちらは、あるさんという方がご紹介されていた装着方法なのですが、実際に私も使ってみて物凄くいい感じだったのでご紹介します!

こちらは、GoPro用のチェストハーネスにVIVEトラッカーを装着して使用する方法です!

本来であれば胸トラッカーを使う際に使用するものですが、パンツを履くように足から通して腰で固定すると腰トラッカー用の装着具に早変わり!

股下の二点と腰回りでしっかり固定できるので動いているときに回転してしまうこともなく、しっかりと固定できますし、素材自体がゴムバンドのように柔らかいので違和感もほとんどありません。

しかも、ハーネスのマウントの部分が少し出っ張っているお陰でVIVEトラッカーが体に隠れずトラッキングが安定するので、頻繁に腰が飛んでしまう方にもかなりオススメです!

価格も1500円~2000円程度で買えちゃうので、トラッカーベルトでは固定感が物足りないという方は是非こちらの方法も試してみることをオススメします!

桜乃こはく

GoPro用の端子では装着できない為、必ずカメラ用のネジマウントが付いているものを選んで下さいね!
(スマートフォンチェストマウントとかでも出てきます!)

トラッカーを足に着けると何ができるようになるの?

VIVEトラッカーを足に装着することで、両足をトラッキングすることが可能になります。

腰にVIVEトラッカーを入れずに足にVIVEトラッカーを追加した場合、移動時に腰が変な方向に捻れたりするので、実用するには両足2個+腰1個の合計3個のVIVEトラッカーを用意する必要があります。

ここまできて、はじめてフルトラ状態になれるというわけです…!

桜乃こはく

腰+両足が動かせる状態ではじめて「フルトラ状態」になれます!

腰と足にVIVEトラッカーを追加したフルトラ状態。全身を使った動きをVRC上に再現することが可能です!
腰トラだけのときよりも自然なフリフリができるようになりました!

フルトラ環境でVRCを遊ぶためには1個17,500円のVIVEトラッカーを3個購入する必要があります。

金額的には安い買い物ではありませんが、フルトラになることで全身を使ってダンスを楽しんだり、足を伸ばして座ったり、寝っ転がったりと様々なポーズを実現できるため、ヘッドセットだけでは再現できない非常に高い没入感を得ることができます。

VRCのみならずVR体験というのは没入感の高さにこそ真価を感じている方も多いため、本当の意味でVRCを余すことなく体験する為にもフルトラ化は決して無視できない通過点となるでしょう。

「今VRCにめっちゃハマっている!」
「もうVRC無しの人生は退屈で耐えられない!」というそこのあなた!

兎にも角にもフルトラ環境を揃えることを強く…、強くおすすめします…!

桜乃こはく

もちろん、私もフルトラ状態でVRCを遊んでいますよー!

フルトラになると色々なポージングが思いのままに表現できます!
足を伸ばしたりオブジェクトに座ったりと、表現の幅も大きく広がりますよ!

①「トラッカーベルト」を使って足にトラッカーを装着する

まず、私がオススメしたいのが「トラッカーストラップ」を使用する方法です。

腰トラのところでもご紹介しましたが、トラッカーベルトの多くの製品には腰のベルトに加えて、左右の足を固定するための「トラッカーストラップ」もセットで販売されている場合が多く、将来的にフルトラで遊びたい方にはピッタリのアイテムとなっています!

その中でも特に装着感と利便性が高いのが、先程もご紹介した『TrackStrap+,TrackBelt+』です!

使用方法は腰トラと同じなので割愛しますが、足トラの場合は固定バンドの部分が内側にくるように装着すると土踏まずに違和感を感じることもなく装着できて快適です。

特にRebuff製のものは素材自体も柔らかく装着感も非常に良いため、足に違和感や痛みが出ることもありませんでした。

足トラは腰トラとは違いモバイルバッテリーを装着するスペースもないため、長時間プレイしたい多面でも『TrackStrap+,TrackBelt+』が大活躍してくれます!

桜乃こはく

12時間連続で使えるからコントローラーのほうが先に充電切れになるっていうね…!

②「穴あきサンダル」を使って足にトラッカーを装着する

別の方法としてはクロックスなどの穴あきサンダルにトラッカーを固定する方法もあります。

私は生粋の日本人なので『部屋の中で靴を履いている感覚』が馴染めずに今は使っていませんが、クロックスは激しいダンスを踊るときなど足を保護する効果も高いため、アクティブに動く人には特にオススメの固定方法です。

桜乃こはく

ガチでダンスをやっている人は室内シューズに固定しているらしいですけどね!

クロックスを使用する場合は、この穴の空いた部分に以下のようなマウントアダプターを使って固定しましょう。

③EOZのプレミアムトラッカーストラップを使って足に固定する

最後にご紹介するのは、EOZ社が販売するプレミアムトラッカーストラップを使用して足にトラッカーを固定する方法です。個人的には一番オススメの固定方法です。

こちらのトラッカーストラップ。一見すると通常のストラップと同じように見えますが、足裏に加えて足首の周りまで固定できるマジックテープが付いており、ダンスを踊っても非常にズレにくい固定力の高いストラップになっています。

また、足首で固定することによって、長時間着けていても足裏に痛みが出ることもありません

最初は口コミで広がる「知る人ぞ知る」製品でしたが、最近ではよく在庫切れを起こすほどVRCユーザーに人気の製品となっています。

両肘,両膝,胸にVIVEトラッカーを追加すると細かい表現が可能になる!

腰や両足の他に、VRCでは「両肘,両膝,胸」にVIVEトラッカーを追加することで、より細かい表現が可能になります。

具体的には、両肘であれば肘を体の内側に持っていく動作やワキワキ運動。両膝であればダンスの際の膝の角度付けや足組み。胸であれば振り向き動作の表現力の向上などです。

腰や足に比べると劇的な変化は見込めませんが、特にダンスやパフォーマンスをする方にとっては非常にありがたい存在なので、興味のある方は是非購入してみると幸せになれるかもしれません。

ちなみに、私の体感としては『肘>膝>胸』の順番で満足度が高かったです。

ただ、VIVEトラッカーは一つ買うだけでも17,500円とかなりお高いので、お財布と相談しながら無理のない範囲で、まずは必要な部位だけを揃えていく事をおすすめします。

桜乃こはく

もちろん、私は全部位買いましたよ!お金ないなった…!

VIVEトラッカーを追加してこそ、VRChatの真価が発揮される!

VIVEトラッカーは、VRChatの体験を最大限まで高める上で必要不可欠なアクセサリーです。

特にフルトラになれば、通常のVRヘッドセットだけでは体験できない高い没入感を味わうことができるばかりか、使い方次第では相手とのコミュニケーションの幅を一層広げることができるようになります!

一度この体験をしてしまうと、もうフルトラでなければ物足りないと感じてしまう体になる人も多いです。


それほどまでに、VIVEトラッカーは『圧倒的な没入感を得られるアイテム』であり『高いコミュニケーション』を実現できる魔法のアイテムなんですよね!

VIVEトラッカーは1個17,500円。3個購入すると約52,500円と決して安い買い物ではありませんが、考え方を変えるとコンシューマゲーム機一台分の価格で、特上のVR体験ができるという『人生経験』が得られると考えると、これはもう決して高い出費ではないのではないでしょうか?

この記事を読んでくれているあなたを仲のいい友達だと思って言葉にするなら、

桜乃こはく

VRCをVRでやってるのにVIVEトラッカー買ってないとかマジ?

それさ、VR人生の9割損してるよ…。

いいから買いな、絶対後悔しないから…

割と本当にこのくらいの心境です。

もし、周りにフルトラ状態のフレンドさんがいるなら聞いてみて下さい。

4年間VRCをやっていますが「買わなきゃよかった…」なんて言葉を私は聞いたことがありませんから。

むしろもっと早く買っておけばよかった!」と言っている方のほうが圧倒的に多いくらいです。

もちろんVIVEトラッカーはお高いのは重々承知ですが、あなたがもしフルトラに興味がある・体験してみたいと思うのであれば、まずは一つだけ試しに買ってみて腰に装着してみてください。

きっと、一ヶ月もしないうちにフルトラマンになっているはずです。

桜乃こはく

私も当初は「トラッカー1個17,500円は高い!」と思っていたのですが、実際に使ってみると何でもっと早く買わなかったのかと後悔しましたからね…!

番外編:VIVEトラッカーと一緒に買っておいたほうがいい物

最後におまけとして、私がVIVEトラッカーを買った人に個人的にお勧めしたい2つのアイテムをご紹介したいと思います。

①VR機材を一気に充電できる、10個のUSBポートを備えた充電器

まず最初におすすめしたいのが、VRデバイスを一箇所に集めて充電できる10個のUSBポートを備えた充電器です。

フルトラ環境を整えたVRデバイスでは、コントローラー2個 + VIVEトラッカー3~8個 の合計5~10個の充電ポートが必要となりますが。ただ、一挙にこれだけのUSBポートを用意するのはなかなか難しいですよね…。

その悩みを解消してくれるのが、こちらのUSB充電器というわけ!

こちらは合計10個の充電用USBポートが備え付けられた製品で、VR機材の専用の充電ドッグとして大活躍してくれます!

私もコントローラーとVIVEトラッカーの充電に使っていますが、VIVEトラッカー7個とINDEXコントローラー2個を同時に充電してもまだポートが余るのでめちゃくちゃ便利なんですよー!

周辺機器が多いとどうしてもケーブルなどが乱雑になりがちですが、こういった充電器を一つ持っておくことで収納面でも『VR専用のスペース』の構築に一役買ってくれますよ!

②360度自由に回転して充電可能な「マグネット式の充電ケーブル」

VRをやる度に、VIVEトラッカーやコントローラーをいちいちUSB-Cケーブルを挿して充電するのって地味に面倒じゃないですか?

そんなときに活躍してくれるのがマグネット式の充電ケーブル!

マグネット 充電ケーブル 3in1 USBケーブル 540°回転 【6本セット/0.5M+0.5M+1M+1M+2M+2M】 android usb c Type-c Micro usb 充電コード 磁石 磁気 防塵 着脱式 LEDランプ付き ブラック
CJOY

マグネットケーブルというのは、端子部分とケーブルが別体になっていて、磁石で簡単に取り外しができる便利なアイテムです!

マグネットがかなり強いので近づけるだけで勝手にカチッと吸着されます!

これを、VIVEトラッカーやコントローラーにあらかじめ付けておくことで、充電の際にいちいちケーブルを抜き差しする必要がなくなります。

暗闇の中でもケーブルを近付けるだけで勝手に吸着してくれるので、超手軽に充電ができて便利です!

根本のコネクターの部分が回転するので、360度どの方向からでもピタッと吸着するよ!

また、アタッチメントは『MicroUSB,Lightning,USB-C』の三種類がセットになっているため、iPhoneやAndroidスマホなど様々な用途で使うことも出来ちゃいます…!

VRで遊んだ後には疲れて充電するのが面倒臭くてそのまま寝ちゃったり、酷いと次使うときまで充電するのを忘れちゃうことも多いので『苦痛に感じない充電方法』というのはすごく大事なんですよね…。

価格もそれほど高くもないので、毎日フルトラで遊んでるという人は是非使ってみてほしいと思います!

ちなみに、『TrackStrap+,TrackBelt+』の充電にはマグネットケーブルは使用できませんのでご注意くださいね。(端子の幅がはみ出る)

あと、トラッカーを使用中でケーブルが遊んでしまうときは、このようなケーブルホルダーを購入しておくと充電の際もケーブルが絡まらずに使えるので便利ですよ!

気になる人は是非チェックしてみてね!

★こはくの一押しアイテム★

VIVEトラッカー3.0

VRChatでフルトラ化する為の必須アイテム!
最大11点トラッキングまで対応しています!
全身を動かしたいなら『腰 + 両足』の3点が必要です!

Oculus Quest2

世界で一番売れているスタンドアロン型のVRヘッドセット。
PCとワイヤレスで繋いで「SteamVR」のゲームや、PC版のVRChatも遊ぶこともできるよ!
さらに、12月31日までは『Beat Saver』が無料で付いてきます!

VALVE INDEX VRヘッドセット

片目1440×1600 視野角130°  最大144Hzまで対応した高機能ヘッドセット!
『Half-life alyx』に加えて、公式ショップで買うと『初音ミクVR』のゲームコードまで付いてくるのでかなりお得です!