【VRChat】Avatar3.0 アクションメニューからワンタッチで衣装などの着せ替えを楽しむ方法!

こんにちは!桜乃こはくです!

2020年8月に実装されたavatar3.0では、アクションメニューを使ったワンタッチ操作で簡単にオブジェクトの出し入れやアバターの着せ替えが可能になりました。

以前のアバター2.0であればオブジェクトの出し入れは「エモートスイッチ」が代表的なツールとして使用されてきましたが、avatar3.0では残念ながら非対応となっています。

そこで今回は、エモートスイッチと同等の機能を持つ『Radial Inventory System V3』を使用して、様々な衣装に着せ替える方法をご紹介したいと思います!

Redial Inventoryを使った着せ替えのメリット
  • Exメニューから操作できる
  • エモートスイッチのような直立モーションがない
  • 後からワールドに入ってきた人にも切り替え状態が同期される
  • アイコンも設定可能で視覚的にも分かりやすい
  • 切り替えた衣装の状態をワールド移動しても保持することができる
  • 自分にしか見えないアイテムを出すこともできる
  • マテリアルのみを変更することも可能
  • 切り替え時のアニメーションを設定できる

Redial Inventoryはエモートスイッチとは違い、Avatar3.0でのみ使える『Exメニュー』を使用しています。

従来のような切り替え時の直立モーションがなく、後からワールドに入ってきた人にも切り替えが同期されます。

また、切り替え時ステータスを保持する機能や、自分にしか見えないアイテムを出すことなど多彩な遊び方ができるようになっています。

Radial Inventoryを使った着せ替え時のデメリット
  • 複数の衣装を同一アバターに入れ込むため、アバター容量が増えてしまう

Radial Inventoryを使った着せ替えのデメリットとしては、一つのアバターに沢山の衣装データを詰め込み過ぎてしまうと、アバター容量が大きくなってしまう点です。

アバター容量が増え過ぎると読み込みに時間が掛かるばかりか、他の人のPC負荷に繋がったり最悪の場合セーフティー制限に引っ掛かりアバターがロボット表示になる場合もあります。

いろんな衣装を披露したくてツールを使っているのに自分がロボット表示になってしまっては本末転倒なので、アバター容量を見ながら計画的に利用するようにしましょう!

導入ツール

着せ替えツールには上記でご紹介した『Radial Inventory System V3』を使用します。

予めダウンロードした後に、Unitypackageからインストールを完了しておきましょう。

着せ替え準備(衣装をまとめておく)

ダウンロードしたUnityPackageをインポートすると、メニューバーに「Raidl Inventory」→「RISV3 Editor」が追加されます。

続いて、アバターに着せたい衣装を切り替えしやすいようにまとめておきます。

Hierarchy上で「右クリック」→「Create Empty」を選んで新規のGamesObjectを作り、その中に切り替えしたい服のオブジェクトや素体をまとめて入れておきます。

あとはこのGamesObjectの名前を「◯◯の服」などに変更すれば、一つの衣装グループの完成です。

この作業を、切り替えしたい衣装の数だけ用意します。

簡単に言えば、服と素体を変更したい衣装毎に個別にフォルダー分けするようなイメージです。

こちらでは、GamesObject名を『カジュアルパーカー』『アイドルコスチューム』etc… 等の衣装名に変更。


その中に素体や衣装のオブジェクトを入れてクローゼットのように収納するイメージです。

勘のいい方ならもうお分かりかと思いますが、要はここで作成した衣装のグループを『Radial Inventory System V3』を使ってまとめて切り替えてしまおうというのが、今回の着せ替え方法になります。

差し替える必要のない顔などの部分はそのまま使用するため、着せ替えのグループに含めないようにしてください。

また、複数の服を同じ素体で着回すと干渉する部分が出てくるケースがあるので、その場合は素体も一緒に着せ替えグループに収納するようにします。

どの衣装も素体と干渉しない場合は、顔と同様に素体も切り替えグループに含めなくてOKです。

Radial Inventoryに衣装を登録する

それでは、実際に先ほど作成した衣装グループを「Radial Inventory」に追加していきます。

まずは、対象アバターを選択してタブを『Simple』もしくは『Advanced』から選択します。

Advancedは切り替え時のアニメーションやマテリアルの変更を行える上級者モードなので、基本的には『Simple』を選んでおけば問題ありません。

続いて、グループ一覧からカテゴリーを作成します。

タブにある+を押して新規グループを作成後に、グループ設定からグループ名を「衣装」などに変更しておきましょう。

ここで設定した名称が、Exメニューの一番上の階層に表示されるようになります。

同時に設定したいアイコンがあれば、「アイコン」から設定することが可能です。

目ぼしいアイコンが無い場合には、アイコンフリー素材サイトの『icooon-mono』等を使って探してみましょう。

 

最後に『排他モード』を設定します。

排他モードというのは、ON-OFFしたオブジェクトを重複表示するのかしないのかを設定する項目です。

衣装の場合には重なって表示されると困るので、排他モードを「有効(V2)」にしておきましょう。

通常の有効にしてしまうと、Exメニューで衣装を全て無効にした際にデフォルト衣装まで消えてすっぽんぽんになってしまうので、このやり方では必ず有効(V2)を使用してください。

アクセサリーなど、個別に複数のオブジェクトをON-OFFしたい場合は排他モードを無効にしておきましょう。

続いて、着せ替えする衣装を登録していきます。

プロップ一覧の+を押して、登録したい衣装の数だけプロップを増やします。

続いて、プロップを一つ選んだのちにプロップ設定から『プロップ名』に衣装名を入力してください。

ここで付けた名称がExメニューに表示される衣装名になります。

なお、こちらも同様に「アイコン」を設定可能です。

オブジェクト欄には、冒頭で作成した衣装グループ(GamesObject)を登録しておきます。

この作業をプロップ数(衣装の数)だけ繰り返します。

 

最後に、デフォルトで表示させたい衣装を選んで『デフォルト表示』に☑を入れておきます。

『切り替えのローカル化』は自分にしか見えないアイテムを登録したい場合に使う項目なので、今回は☑を外していきましょう。

『有効状態の保存』はアバターを切り替えたりワールド移動した際にも切り替えた状態を保持するかの項目です。

こちらはプレイスタイルに合わせてお好みで☑してください。

『Write Defaults』はパラメータの上書き設定に関する項目です。

FXレイヤー内でパラメータが統一されていないと警告が表示されるので、警告が出た場合には☑を入れてください。

『パラメータの最適化』は処理に関するものなので基本的には☑を入れておけばOKです。

『デフォルト状態を反映』も特殊なことをしない限りは基本的には☑を入れておきます。

最後に「適用する」をクリックすると自動的に設定が適用されます。

あとは通常通りアバターをアップロードするだけです。

VRCで動作確認する

では、実際にVRCで動作をチェックしてみましょう!

正常に設定が適用されていれば、このように動作します。

これで衣装切り替えの設定は完了です!

おつかれさまでした!

★こはくの一押しアイテム★

Oculus Quest2

PC不要で動くスタンドアロン型VR HMD

PCと繋げばSteamVRやPC版のVRChatを遊ぶこともできるよ!

他にも完全ワイヤレスでPCVRを遊べたりフルトラもできる凄いヤツ!

新モデルになって、ストレージ容量が64GB→128GBにグレードアップ!

モバイルバッテリー内蔵型ベルトセット

VIVEトラッカーを充電しながら遊べるようになる、モバイルバッテリー内蔵型ベルトセット!
12時間以上ぶっ続けでログインできます。(VR睡眠も可能)


VALVE INDEX VRヘッドセット

片目1440×1600 視野角130°  最大144Hzまで対応した高機能HMD!
『Half-life alyx』のゲームコードに加えて、公式ショップで購入すると『初音ミクVR』もプラスで付いてくるのでお得です!